田舎に住んでるけど、節約のために車を手放してみた

田舎はとにかく車移動がメインです。
近くに駅ないし、当たり前だけど地下鉄ないし、バスはあるけど便が超少ない。

必然的に車を買うはめになるわけですが、車もそんなに安い買い物ではないですよね。
新車で買えば絶対100万円以上はします。
本当は現金一括が良いのだろうけれど、まあ多くの人はローンで買って金利を取られるわけです。

安い中古車でという選択肢もありますが、車の経費で切っても切り離せないのが燃料費と税金と車検代と保険料。
多分年間で合計したら30万円〜40万円くらいはかかってるんじゃないだろうか。
うげー。

試算してみよう

もし仮に月収が額面で20万円くらいだったとして、手取りで16万円くらい。
年間で実質使えるお金が192万円。
そこから

  • 車の費用30万円〜40万円
  • 車のローンが年間25万円
  • 家のローンが年間84万円
  • 水道光熱費が年間11万円
  • 土地の税金が年間20万
  • 生命保険料やらで年間20万
  • 2人暮らしの食費で年間20万

年間経費が合計で205万円〜215万円。
最低限の支出でも赤字です(笑)
まあ今の時代、かなりの割合で共働きだと思うので、だいたいの家庭では生活に困ることはないでしょう。

人生はいつも不条理

これ、性格的なものかも知れませんが、生きていると常に何らかのリスクがつきまとうと思います。
世の中なにがあるかわかりません。
急なリストラ、病気もありえます。
だからこそ十分な貯蓄があって初めて健やかな生活が送れると個人的に思っています。
節約して将来のために資金を残していく。
一生懸命働くより少しづつでもお金を増やしていけるなら、節約を頑張る方が良いんじゃないかとさえ思います。

価値観

お金に対しての価値観って人それぞれだと思うけど、だけど結婚もして家も建てて、なんだか出費が多くなると、さらに精神的に圧迫感があって、これで子供ができたら・・・なんて考えるととにかく節約しよう!ってなるのは当たり前かなと。
お金は有限ですからね。

そこで僕はとりあえず、車を父親にあげて、原付をメインの移動手段にしました。
年間で何もしないで30万円〜40万円浮くのはとても素晴らしいです!
少しづつですが、貯金に回すお金も必ず確保できています。

原付きの経費

ちなみに原付の燃料費って物凄く安くて、僕は通勤で往復20キロくらいなので月間400キロくらい走るわけですが、燃費はリッター30キロくらいなので、絶対に月3000円を超えません。
任意保険は普通にかかりますけど、税金も2000円くらい、自賠責も年間で5000円くらい。
車の維持費に比べたら10分の1くらいで破格の金額なわけです。

幸福度

こういう話をしてると必ず話題にあがるんですけど、幸福度の話。
重要なのは、そうやって節約していて、幸せなのかどうか?ってこと。

これは個人によって大きく違うとは思いますが、僕自信は可もなく不可もなくって感じです。
というか、そうやって何事もなく日々を送れているっていう点では幸せだと思います。
むしろ、お金がなくてキリキリするより、生活レベルを落としてでも安心した生活を送れるほうが精神的には凄く楽!

まとめ

車を捨てて感じたのは、思っていたより生活に支障がないということ。
確かに荷物の運搬とか、雨降ったら合羽着なきゃとかあるけど、毎日じゃない。
妻は普通に車に乗っているので、必要なら借りれば良い。
その程度なんですよね。

日々の生活で小さな節約を積み重ねるのももちろん大切ですけど、「その程度」と割り切っちゃえばもっと大胆に節約できます。
どうですか?節約ライフ、初めてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です